踏みはずし

うつ病で社会のレールを踏みはずしたけど、楽しく生きていきます。

クルミの食べ方。生がいい?ローストがいい?

f:id:faux-pas1985:20170930183416j:plain

 前回、私が注目するクルミが持つ成分とその健康効果について書きました。

ですが、健康のためには生とローストどちらがいいのでしょうか?

また、どうやって食べたらいいか?どうやって保存したらいいか?など、疑問に思う方もいると思います。

ですので、今回はそのあたりについて紹介と思います。

 目次

生とロースト(素焼き)では効果が違う?

クルミはそれだけで食べてもとても美味しいです。

生だと柔らかい食感で素朴な味が、ローストだとカリッと香ばしい食感と香りが楽しめます。

どちらもすごく美味しいのですが、栄養素と健康効果が少し変わってくるのです。

 

ではどちらが良いのでしょうか?

結論から言えば、どちらも違った特徴があり、どちらが良い悪いというのはありません。

 

それでは、その違いを見ていきましょう。

 

生クルミの特徴

良い点

  • ビタミンや脂質など前回の記事で紹介した栄養素を損なうことなく、まるまる摂れる。

悪い点

  • 酵素抑制物質が働く。

酵素とは、栄養素を体に取り入れるなど、様々な働きをしてくれます。

酵素抑制物質とは、ナッツなどに多く含まれ、自然界で周りの環境が整うまで、種が発芽しようとするのを抑える物質です。

これが人の体に入ると、酵素の働きが抑えられ、消化吸収の働きが悪くなり、お腹が痛くなったり、気持ち悪くなったりしてしまうようです。

 

ロースト(素焼き)クルミの特徴

良い点

  • 抗酸化物質であるポリフェノールが2倍になる
  • 酵素抑制物質の働きを抑える。

悪い点

  • ビタミン類が減少、たんぱく質は凝固し、酸化も進む。特に「α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)」は熱に弱く、加熱することで酸化するため体にとってあまりよくない。

 

いかがですか。

どちらにも良い点と悪い点がありますね。

どちらにせよ、食べ過ぎに注意しながら、欲しい健康効果がある方を食べた方がいいですね。

 

健康に良いオススメの食べ方

それではオススメの食べ方を紹介します。

オススメというのは、美味しい食べ方ではなく、健康に良い食べ方です。

こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

taimoukoi.info

 

栄養価の高い生クルミを、酵素抑制物質を抑えて食べる方法です。

  •  生のクルミをタッパーなどで水に2時間ほど浸します。(気温が高い場合は冷蔵庫に入れます)
  • 浸した水を捨て、クルミを水で洗います。

これだけで酵素抑制物質を減らすことができます。

簡単ですね。

この水に浸したクルミは、料理に使ってもいですし、そのまま食べてもいいです。

 

※ほかにも、野菜の酵素と一緒にスムージーで摂るという方法もあるようですが、私は「食品からの酵素の摂取」には少し疑問を感じているのでここではお勧めしません。

酵素は栄養素ではなく化学反応を起こすための触媒であるので、体内で働く酵素はどんな方法をもっても体外から摂取することはできません。酵素はたんぱく質でできている化合物であり、まず胃の中に入った時点でそのほとんどが胃酸によってアミノ酸に分解されてしまうのです。この分解によって元の酵素としての働きは失われます。また、食材の持っている酵素は分解された後でも大きな分子であるため腸管から直接吸収されることもないのです。

引用元:酵素ドリンクのことなら夾吉に聞こ!。

 

クルミの保存方法

次は保存方法を紹介します。

 

生でもローストでも密閉した袋に入れ、冷蔵庫に保存します。

しっかりした状態で保存すれば、ローストであれば1年ほど保存できます。

生の状態はそこまで長期間は保存できません。

 

しかし、栄養素に注目すると少し注意が必要です。

長期間保存すると、成分の酸化が進んでしまいます。

ローストすると、食品としての保存はしやすくなりますが、成分を酸化させてしまい、それを長期間保存してしまうと、さらに酸化し、栄養価を損ない、体にもよくありません。

 

ですから、あまり長期間保存しなくて済むよう、一度にたくさん買わず、短期間で食べきれる分をその都度買った方が良いです。

また、私がオススメするのは、ローストされたものを買うのではなく、生のものを買い、そのまま生で食べたり、食べる分だけ自分でローストする食べ方です。

こうすればローストしたものを長期保存しなくて済みます。

 

買うものは、健康的にはもちろん無塩のものがいいです。

自分でローストする際も、塩や油を入れるのはNGですよ。

 

酵素抑制物質を抜くために一度浸水した場合は、空気に触れないようにして、冷蔵庫で1週間程度保存できます。

水につけたまま保存する場合は、1日ごとに水を取り替えてください。

 

 

以上がクルミの食べ方と保存の方法です。

健康効果に気をつけて、ぜひ生とロースト両方食べてみてください。

 

それでは良いクルミライフを!