踏みはずし

うつ病で社会のレールを踏みはずしたけど、楽しく健康に生きていく

『えごま油』は認知症の予防だけじゃないスゴイ油!

f:id:faux-pas1985:20171003183543j:plain
認知症に有効であるとテレビ番組で話題になり飛ぶように売れ、一時期はお店から姿を消したえごま油。

最近では比較的手に入りやすくなっていて、私も毎日飲んでいます。

その健康効果を改めて調べて見たところ、やはり魅力的な食品でした。

 

注目したいその有効成分は、α-リノレン酸、ロズマリン酸、ルテオリンです。

α-リノレン酸は有名ですが、調べてみると、実はロズマリン酸とルテオリンもとても良い健康効果を持っていることがわかりました。

それでは、それぞれの健康効果を見てみましょう!

 目次

 α-リノレン酸

α-リノレン酸は不飽和脂肪酸の1つ、オメガ3脂肪酸の中の1つで、体の中に入るとEPAとDHAに変化します。

EPAとDHAは有名ですね。

青魚などに多く含まれ、血液サラサラ、アタマが良くなるなどの効果は聞いたことがあると思います。

もう少し詳しくその効果を見てみます。

  • コレステロールの低下
  • 中性脂肪の低下
  • 動脈硬化の予防
  • 高脂血症の改善
  • 血栓の抑制
  • 高血圧の抑制
  • 学習能力、記憶力の向上
  • 乳幼児の脳や神経の発達
  • 抗うつ作用
  • アルツハイマー病発症の抑制
  • 老人性認知症の予防・改善
  • 生活習慣病の予防
  • ストレスを緩和する効果
  • 運動能力の向上
  • 視力低下の抑制
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • アトピーの改善

さすが超有名健康成分です。いろいろ効果がありますね。

 

ちなみに、EPAとDHAは似たような効能がありますが、得意分野が違います。

EPAは中性脂肪低下により効果がありますが、脳には届きません。

DHAはコレステロールの低下に効果があり、脳に届き、アタマに良い作用をします。

 

このように、えごま油には、この素晴らしい効果が期待できるのですが、実はそれだけじゃないんです!

EPAとDHAほど知られてはいませんが、ロズマリン酸、ルテオリンを合わせると相乗効果でとても健康に良いんです。

ではそれを紹介しましょう。

 

ロズマリン酸

ロズマリン酸は、ローズマリー酸ともいわれ、シソ科のの植物に多く含まれているポリフェノールです。

 

ポリフェノールといえば抗酸化作用ですね。

しかし、ロズマリン酸には他にも抗炎症作用、抗アレルギー作用が確認されています。

それらの総合的な作用として、花粉症や鼻炎などのアレルギーに有効なんだそうです。

 

また、ロズマリン酸などのポリフェノールは、神経細胞の死滅を防ぐ効果があり、アルツハイマーやパーキンソン病にも有効だという研究結果もあります。

 

他にも、ブドウ糖の吸収を妨げる効果がありダイエットなどにも効果があるようです。

 

ルテオリン

ルテリオンはフラボノイドの一種で、黄色い色をしています。

えごま油の色はルテリオンの色なんですね。

フラボノイドとはポリフェノールの事です。

 

このルテリオンの一番と特徴は、抗酸化作用・抗アレルギー・抗炎症作用なんですが、その作用はフラボノイドの中では最強いわれています!

 

アトピーやアレルギーなどにとても強い効果を発揮します。

そして抗炎症作用と抗酸化作用は、加齢にからくる脳の炎症による学習能力や記憶力の低下から守ってくれる効果があります。

他にも、免疫機能を正常にしたり、発がん抑制・抗がん作用まであるんです。

 

 

えごま油には以上のような健康成分が含まれています。

どうでしょう、α-リノレン酸はもちろん、ロズマリン酸とルテオリンもすごくないですか?

お互いに似たような健康効果を持っていますが、えごま油それらが一緒に入っていて、相乗効果を発揮して体に効いてくれるんですね。

もうえごま油に足を向けて眠れません(笑)

 

えごま油の摂り方は、1日小さじ一杯ほどを加熱しないで摂るといいそうです。

私は、ヨーグルトや納豆に入れて食べています。

もちろん明日も食べます!

 

選ぶのは、国産・無添加・低温圧搾が理想です。

えごま油(170g)

えごま油(170g)

 

 私はこれを愛用しています。

まだえごま油を食生活に取り入れていない方は、ぜひこの機会に試してみてください!