踏みはずし

うつ病で社会のレールを踏みはずしたけど、楽しく生きていきます。

うつ病の人も歯はがんばってケアしてほしい

f:id:faux-pas1985:20181217155230j:plain
うつ病の方は色々と大変だと思いますが、歯のケアだけでもなんとかがんばってほしいというお話。

僕はうつ病になり、その治療のため6年以上の間薬を飲むことになりました。

今は薬が必要なくなって1年ちょっと経ちます。

薬を飲まなかったこの1年は、まだ気持ちが安定しない部分はあるものの、今後の人生のための土台作りのために、可能な限り少しでも色々な活動をしました。

その一環として、今年(2018年)の頭から歯医者に通い始めましたが、思いのほか歯の状態が悪く、少し期間をあけて、今(2018年12月)もまだ治療を続けています。

そして、歯が悪くなっていた原因として、どうやらうつ病も関係ありそうだというそのいくつかの要因がわかったので記事にします。

前提として、歯の状態に関してはうつ病以外の原因もあると思います。

例えば子どもの頃からの生活習慣や、そもそもの体質ということもあります。

このあたりは個人差があります。

ですので、ここではうつ病を患っている方特有のリスクを、僕が知ったものを挙げるので、うつ病で苦しんでいるご本人はもちろんですが、その家族など身近な方にも参考にしていただけたらと思います。

 

 

うつ病で動けない。

うつ病になってしまった人の多くが経験する症状として「動けなくなる」というものがあります。

僕が病院の先生から聞いた最もひどい状態は、「うつ病でベッドからも動けなくなり、床ずれができてしまった」というものです。

もちろん、そこまでひどい症状の方は珍しいそうですが、

 

「朝起きてベッドから30分も起き上がることができない」

「お風呂に入ることさえ異様に体力を使う」

「掃除や洗い物など、当たり前にできていた家事ができない」

 

など、このあたりは決して珍しい症状ではないと思います。

 つまり、普通の人がいつも当然のようにこなしている日常生活ができなくなってしまう、少なくともそれをすることへのハードルがとてつもなく上がってしまう、ということです。

うつ病でない人からすれば「なんでそんなこともできないんだ」と見えるかもしれません。

実際、(これは全くの間違いですが)うつ病は「怠け病」とさえ言われてしまうこともあります。

ですが、うつ病になってしまうと一見簡単なことでも、それを行うのが非常に困難になてしまうのです。

そして、もうおわかりかと思います。

問題は、うつ病になると「歯磨きもできなくなってしまう。少なくとも疎かにしてしまいやすくなる」ということなのです。

そのため、うつ病になると、歯の状態が悪くなってしまう危険が高いのです。

 

薬の副作用でドライマウスになりやすい

様々な考えがあると思いますが、うつ病治療の基本は投薬、つまり薬を飲むことです。
僕もうつ病の治療には適切に薬を飲むことが効果的と考えています。

実際そのおかげで辛い時を乗り越えられたこともありますし、現在はだいぶ回復してきました。

ですが、薬を飲むことを良しとしない人は多くいますし、僕もできることなら飲みたくないという思いは、十分に理解できます。

そして、その理由の1つが副作用です。

繰り返しますが、僕はうつ病の治療には薬が大変有効であると考えていますし、薬を飲んだことに関しては、うつ病になってしまったので仕方がなかったとはいえ後悔はありません。

ですがやはり、薬の副作用には十分に注意し、出来る限り対処するべきだとも考えています。

 うつ病の薬における副作用で主に注意されているのは、日常で頭がボーッとしてしまこと希死念慮、つまり死にたいという思いが強くなってしまうことなどです。

もっと漠然と、精神に作用する薬だから人格が変わってしまうんじゃないか?ということを考える方もいると思います。

もちろん、それらもすごく注意すべきことですが、今回ここで注意したい副作用は、口腔内が乾きやすくなる「ドライマウス」です。

この副作用は、うつ病の薬の多くにあります。

うつ病の薬の副作用を気にする方は多くいますし、それによって薬を「悪」と断じる人も少なからずいます。

ですが、そのような人たちの多くは「ドライマウス」という副作用を気にしていない気がします。
少なくともメインには考えていません。
僕もうつの薬を飲もうと決めた時、そこはあまり意識していませんでした。

またドライマウスというのは、うつ病以外でもなってしまう方も少なくない症状です。

そして、ドライマウスというのは口腔内の環境に、つまり歯にとって良くないことなのです。

ドライマウスはその名の通り、口の中が乾いてしまう症状です。
口の中が乾いてしまうというのは唾液が少ないということです。

 

唾液の役割1 殺菌

唾液は僕たち人間の口の中で様々な役割をしていますが、その1つに殺菌があります。

口の中というのは、食べ物や空気など、外から様々なモノが入ってくる場所であり、体に悪いモノも入ってくる場所です。

唾液は、その悪いモノから僕たちの体を守ってくれているのです。

ですが薬を飲むと、唾液が少なくなってしまいます。

唾液が少ないと口の中で様々な菌が増えてしまいます。

すると風邪をひきやすくなることなどはもちろん、歯にもよくありません。

虫歯や歯周病にもなりやすくなってしまいます。

 

唾液の役割2 再石灰化

また、唾液が少ないというのは歯の再石灰化が促進されないということです。

歯の再石灰化とは何でしょうか。

口の中は物を食べると、食べたものを消化できるよう酸性に傾きます。
酸性というのは食べ物を消化するだけでなく、歯も溶かしてしまいます。
この時、歯からカルシウムなどの成分が溶け出すことを脱灰といいます。

ですが、人間の体というのはよくできていて、元のバランスの良い状態に戻ろうとします。

口の中では食後時間が経つと、唾液によって酸性からアルカリ性に戻っていき、また唾液の中に含まれるカルシウムなどの成分が歯に戻っていきます。
これが再石灰化です。

簡単に言えば、歯が柔らかい状態から丈夫な硬い状態に復活するのです。

しかし、唾液が少ないとこの再石灰化がうまく行われないのです。
また酸性の状態というのは、いわゆる虫歯菌が活動しやすい環境です。
なので、唾液が少ないというのは口内環境に対して良くないのです。

ですから、うつ病の薬を飲むことになる場合は、口の中の環境を悪くしないよう、水分を多くとる、小まめにうがいするなど、出来る限り注意してほしいと考えています。

「舌回し体操」など、唾液の分泌を促すのも有効です。

 

嘔吐

嘔吐に関しては、すべてのうつ病の方が持っている症状ではないかもしれません。
ですが、僕は非常に顕著に出てきました。
むしろ、うつ病という診断がされる前から、原因不明の吐き気に悩まされていました。

ちなみに、うつ病による気分の落ち込みなど精神的な症状ではなく、吐き気や頭痛など身体症状が全面にでてくるうつ病を「仮面うつ病」というそうです。
僕がまさにそうだったのですが、非常に間違った使われ方をしている言葉なので、ぜひ調べてみてください。

さて、嘔吐ですが、うつ病の方すべてが持つ症状ではないですが、メジャーな症状だと思います。

有名な方では、タレント・俳優のユースケ・サンタマリアさんもうつ病からくる嘔吐に悩まされたそうです。

またうつ病ではありませんが、フィギュアスケートの鈴木明子さんもプレッシャーなどからくる摂食障害で嘔吐に悩んでいたそうです。

 嘔吐は単純にそれ自体が不快で苦しいというだけでなく、歯にも非常に悪いものです。

考えてみればあたりまえですです。
食べ物などを溶かすほど強力な胃酸に歯がさらされてしまうのです。
それを繰り返せば、当然歯はダメージを受けます。

上であげた鈴木明子さんは、現在キレイな歯をしています。

もともと歯並びが良くなかったということもあると思いますが、嘔吐により歯がダメージを受けてしまったので、がんばって治したという話もあります。

嘔吐はそれほど歯に良くないのです。

ですので、うつ病で特に嘔吐の症状がある方は、吐き気を抑える薬を処方してもらえるかお医者さんと相談してもいいと思いますし、それでも嘔吐してしまった場合は、すぐに口をキレイにすすぐためうがいをするなど、注意してほしいと思います。

また、女性は妊娠した際に、つわりで嘔吐してしまうこともあると思いますし、出産後も「産後うつ」になってしまった場合、歯のケアに注意してほしいと思っています。

 

他にも様々な「うつ病と歯の関係」があるかもしれませんが、以上が僕が経験し考えた注意してほしいことです。

まとめ

歯はとても大切です。

特に最近では、歯は単に食べ物を噛むだけでなく、体の様々な部分や全身の健康に影響するものと考えられるようになってきています。

そして歯は1度失えば回復することはありません。

ですが日本は、欧米や韓国などと比べても、いまだに歯に対する意識が低いです。

僕自身は歯の状態が今のように悪くなってしまい、ひどく後悔しています。

ですので、僕はできるだけ多くの人に今からでも歯に対する意識を高く持ってもらいたいですし、それが可能になるような社会の制度や仕組みになっていってほしいと考えています。

そして、歯の健康は誰にとっても大切ですが、特に上にあげたようなリスクが有るうつ病を患っている方には、本当に大変でしょうが、後悔しないためにも、がんばってケアしてもらいたいと思っています

うつ病の方のご家族にも、気をつけていただきたいです。

一緒に歯を磨くというのはどうでしょうか?

うつ病になってしまうと、家族でさえもコミュニケーションを取るのが大変ということもよくありますが、喋らずに一緒になにかするだけというのも良いかもしれないなと思います。

そして、歯を磨くと気分も少しスッキリしますよ!