踏みはずし

うつ病で社会のレールを踏みはずしたけど、楽しく健康に生きていく

上野の「らーめん 鴨to葱」に行ってきた

上野・御徒町エリアにある行列店「らーめん 鴨to葱」に行ってきました!

ここのラーメン…激ウマです!

僕はよく上野に買い物に行くんですが、その時にご飯も食べることがあります。

このエリアは有名店・高級店はもちろん、個人経営の小さなお店まで美味しいお店がたくさんあります。ですがラーメンに関してはそういったお店が少なく、僕もこのあたりでラーメンを食べたことがあまりありませんでした。

ですが!この「らーめん 鴨to葱」は2017年6月に開店して以来、当エリアでのラーメン有名店となったのです!

前々から食べたいなぁとは思っていたんですが、買い物の途中にお店の前を通ると、いつもは僕的には並ぶ気が起きないほどお店の前にお客さんが列を成していました。

しかし今回は3人ほどしか並んでいなかったので「これはチャンス」と思いすぐ最後尾へ…。

そしてすぐ席へ着きラーメンを食べることができました。

念願かなって味わうことができたそのラーメンは…めちゃくちゃ美味しかったです!

 

メインメニューは

『鴨らぁめん』 750円
『鴨ワンタン麺』 900円
『鴨汁つけそば』 880円
『鴨コンフィ麺』 1000円

の4種類です。(2019年1月現在)

種類は少ないですが、「これで勝負する」という気概と自信がうかがえます。

これにサイドメニューが+230円でトロたくちらしor小親子丼がつけられます(単品はそれぞれ350円)

また、ネギやワンタンなどのトッピングもありますし、ドリンクメニューもあります。

 

今回、僕が食べたのは『鴨コンフィ麺』。お値段1000円です。

シンプルで鴨肉のピンク色が美しいですね。

丼ぶりはやや小ぶり。(たくさん食べたい人は量的には物足りないかもと思いました。)

「コンフィ」とはフランス料理の調理法で、お肉を温度の低い油の中でじっくり加熱したものです。

『鴨らぁめん』にも入っていますが、『鴨コンフィ麺』 にはたくさん入っています。つまりほかのラーメン屋で言うところのチャーシュー麺です。

さて!肝心の味の感想を書いていきます!

まずスープは鴨出汁ということで芳醇かつ濃厚。ですが臭みは一切なく見た目同様すっきりと澄んでいて上品な香りと味です。

健康に気を使っている僕はラーメンのスープはできるだけ飲まないようにしているのですが、誘惑に負けて全部飲み干してしまいました…。

たまにならいいよね…。
あと量もそんな多くなから…。

とにかく!それほど美味しかったわけです!

シンプルなのにすごく味わい深いことに驚きました。

そしてその秘訣はお店に書いてありました。

使うのは「鴨・葱・水」だけで、厳選した鴨を1羽まるまる化学調味料などを使用せずにじっくり炊き込むんですね。
こだわりを感じますし、そのこだわりに見合った美味しいスープです。

次に麺ですが、これは店内に表記はなかったと思います。
ですがたぶん、全粒粉を使っているんじゃないでしょうか?

というのも、まず見た目からして、麺には黒いつぶつぶが見えており、「普通のラーメン」を思い浮かべた時にでてくるツルツルの黄色っぽい色をした、いわゆる中華麺とは全く違います。

口に運んだときも粉の香りをすごく感じます。
「粉っぽい」というと聞こえが悪いですが、粉そのものの舌触りや風味がしっかりと感じられました。

そしてこれがスープの香りと合わさって最高に美味しかった!

好みもありますが、僕はツルツルでない、粉の感じがしっかりと残った麺が大好きなのです。
その粉の感じには、ラーメンですが蕎麦にも近い印象を受けました。
ラーメン風鴨南蛮(?)といったところでしょうか。

そして鴨肉は、口に含むとこれでもかというくらい柔らかく、普通の鶏肉とはちがう、鴨の肉と油の独特の濃厚な風味と香りが広がります。

それでも油は程よく落とされているのか、ギトギトでしつこいということはまったくなく、もっと食べたいと思いました。

そのほかのメンマや葱の付け合せも、スープと麺と調和しながらもそれぞれがしっかりとした味がして美味しかったです。

ちなみに葱は3種類の中から選べました。

「丸太葱」「ゆず白髪」「市松ねぎ」です。
僕は「丸太葱」と「市松ねぎ」にしました。
「丸太葱」は炙ってあって葱の香りがしっかりとして美味しかったのでオススメです。

いやー、本当に美味しかった!

シンプルながら奥深い味の絶品ラーメンでした!
たぶんまた行くことになると思います。

今度は「ゆず白髪」にもしてみたいし、卓上にあった柚子胡椒を使うのもいいなあと思います。

つけそばも食べたいし、隣の人が食べていた親子丼もめちゃくちゃ美味しそうで、注文しなかったことを後悔しました。

それは次回までの楽しみにしておきます。

 

そんなわけで「らーめん 鴨to葱」超オススメです!!