踏みはずし

うつ病で社会のレールを踏みはずしたけど、楽しく健康に生きていく

”インフルエンサー”が気に食わない

f:id:faux-pas1985:20190127130900p:plain

最近よく耳にする”インフルエンサー”という言葉。要は世間に対し大きな影響力を持つ人物ですが、このところネット上でそうだとされる人たちの言動が、ぼくにはイマイチしっくりきません。

こんにちは。ふぉぱです。

最近”インフルエンサー”と呼ばれる、又は自称する人たちのネット上での活動が目立ちます。
ぼくはプロブロガー(現在はYoutuber?)のイケダハヤトさんが自分でそう言っていることで、初めてそういう人達がいることを認識しました。
ぼくはその人達のブログなどを好きで読んでいて、考え方や発言にも大変納得することがあります。ですが同時に、どうなんだろうと首をひねることもしばしばあります。

つい先程も、これまたブロガーのはあちゅうさんが次のようなツイートをしていました。

なるほど、一理あります。
ですがやはり、納得しかねる部分、物言いがあります。
それはほとんど揚げ足取りかもしれませんが、正にその部分が昨今の”インフルエンサー”という方々に対するある種の反感を覚えるところなので、そこについて僕の考えを述べます。

 

 

「一理」はどちらにもある

早速はあちゅうさんのツイートの僕が気になる部分に触れていきます。

「苦労してなきゃいいものは作れない、幸せなやつの書くものはつまらない」という当時の上司(でしょうかね)の発言は一方的で、全く偏った考えですね。
こんなことを言われたら僕もうんざりします。
それに対し、はあちゅうさんの「幸せを燃料にして書いてる。良いものを幸せに作りたい。」という姿勢と考えはすごく良いですね。爽やかで前向きです。
そうやって作られたものは、それを受け取る側もきっと幸せな気持ちになると思います。

しかし、その前の部分はどうでしょうか。
「『クリエイターは幸せだと作品がダメ説』根拠無いのに根強くて」という部分です。
ぼくはここに違和感を覚えます。
本当に根拠もないのでしょうか?また、「根強い」ならそこに理由があるのでは?と、ぼくは考えます。

結論から言えば、ぼくは「クリエイターは幸せだと作品がダメ説」も理解できます。
はあちゅうさんが上司にそう言われた文脈はわかりませんが、幸せなクリエイターの作品はどんなものでも絶対にダメということではないかと思います。

ぼくも幸せな人が作るものは面白くないとは全く思いません。
ですが幸せの反対、不幸なクリエイターが作ったものは多くの人を引きつける力を持ちやすいと思うのです。
「不幸」という言葉が強すぎるなら、ツイートにもあるような「苦労をしている人」でもいいですし、「悩みや問題を抱える人」でもいいです。

どういうことかと言うと、絵画でも小説でも、もちろんブログでもいいですが、創作物はそれがどうして受け入れられるかと言うと、その時の受け取り手(消費者)が抱える悩みや問題に対するある種の答えを提示しているからです。

ブログが正にそうで、商品レビューでも何かのノウハウでも「どれを買ったらいいかな?」とか「どうやるんだろう?」とかいう、悩みに対する答えを示してくれる記事が人気になります。

もっと重い、「生きるとはなにか」というテーマの作品や、著名人の「重病のカミングアウト」などを想像してもらってもいいですね。

そして、そのような答えや進むべき道を提示できているクリエイターというのは、やはりそこに同じ苦労や悩みを持った人です。つまり、苦労したからこそ、他者を引きつけることができるのです。

さらに、「同じ悩みを持つ」ということは、その悩みの内容にだけにとどまらず、もっと奥深く強い共感を呼び起こします。
一方で「幸せ」というのは人それぞれで、内容的にもそれ以上の部分でも、「悩み」に比べ、共感は起こりにくいものだと思います。

はあちゅうさんの上司がいう「苦労したから作れるいいもの」というのは、その内容の部分だけでなく、こういった共感を呼ぶものといった意味ではないかと推測します。
だから、上司の発言は根拠も、それが根強く様々なところで言われる理由もある、はあちゅうさんの発言と同じように「一理」あるものだと、ぼくは考えるのです。

もちろん、先程も書きましたが、幸せを燃料に何かを作るというのも非常に貴重なことです。
ですから、多くの人がそのような姿勢や考え方で創作活動をしていったら良いと思います。
特に最近は「苦労して~した」という暗い話ではなく、それに触れるだけで明るく幸せな気持ちになれるような作品が求められている時代だと思います。
それを敏感に感じ取り理解しているからこそ、はあちゅうさんはこのようなツイートをしたのではないかと思います。

ですがやはり、「根拠無いのに根強くて」というのは言い過ぎで、はあちゅうさんにも上司の方にも、双方に「一理ある」と考えるのが懸命だと思います。

 

やっぱり言い方が気に食わない

自分で言っておいてナンですが「双方に一理ある」という「どっちもっどち論」は、ぼくは大嫌いです(笑)。

やっぱりはあちゅうさんの言い方が気に入らないという話を続けます(笑)。
といいますか、はあちゅうさんが気に入らないというより、いわゆる”インフルエンサー”に共通した物言いのように感じ、それが良くないと思うのです。
それがどのようなことかを説明します。

ぼくは先ほど「本当に根拠もないのでしょうか?また、『根強い』ならそこに理由があるのでは?と、ぼくは考えます。」と書きました。
そして、そのように考えるのが普通であり、論理的だと考えています。
ぼく自身はもちろん、ぼくの(かなりしっかりした立場にある)知人も含め、そうしていると感じています。

どういうことかというと、「自分の考えや立場を表明するときに、自分が正しいと考えるその答えに至る過程で、他の考えとすり合わせ、場合によっては他の考え方に部分的に理があるということを認めつつも、自分はこちらを選ぶといった、そういった逡巡の中で言葉を選んで表明する」ということです。

そうすることによって、複雑な現実に対してどのように考え、どのような行動や立場を取るかということが過程も含め、聞く人・読む人に伝わります。

そうやって思考の過程を少しでも追えるようにすることで、同じ立場の人はもちろん、立場が違う人にも「なぜそのように考えるか」が伝わり、議論が発展したり、場合によっては相手を納得させ、考え方を変えたり先に進めさせたりすることができるのです。
また、そのようなやり方でする発信者は、問題の細かな部分や、様々な理由で弱者の立場にいる人やマイノリティの人たちにも眼差しを向けることができる知性と優しさがあると思います。

それに対して、”インフルエンサー”と呼ばれる人たちは、全員ではありませんが、強く断定的な言葉で立場や考えを発信することが多いように感じます。
そこには「なぜそう考えたのか」という思考の過程が読み取りづらく、もしそれを理解できないという人がいれば、そのような人たちのことを「バカ」だの「時代に付いてきていない」といって切り捨てたり、対立を煽ったりしているといった印象をぼくは持っています。
そして起こるのが”炎上”です。

このように言うと「インフルエンサーはその炎上まで狙って発言しているんだよ」と言う人が出てきます。
ぼくもそれを理解していないわけではなく、その通りだと思います。
ですが”インフルエンサー”だというのであれば、つまり影響力を持っているというのであれば、そのようなやり方はしてほしくないのです。

意図的かどうかはともかく、”炎上”というのは結果として注目を集めます。
その上で、もしある程度狙って、つまり意図的にやるとすれば、それは単に注目を集めるためでなく「儲けるため」です。

儲けることが悪いことだとは言いません。
ですがそれは自分の利益にするということです。

それも悪いことではないのですが、曲がりなりにも”インフルエンサー”という他人への影響力がある立場にいるなら、そしてそれを自認しているのであればなおのこと「自分のためだけでなく他人のため」ということも意識して立論と発言をしてほしいのです。

断定的・断片的な強い言葉による”炎上”で多くの人の耳目を集めるのではなく、多様な考えを巡らした結果としてその立場にいるということを示すべきなのです。

だからぼくはそのような言い方をしている人が多い”インフルエンサー”が気に食わないのです。

 

まとめ。そしてさらに思うこと。

考えや立場の表明は、誰しもがそれをする権利を持っています。
まさに今ぼくがそれをしているわけですが、そしてそれをする場合、できるだけ多くの人に正確に伝わるようにするべきです。
しかし当然、万人に伝えるということは不可能です。
ですが、できる限りそうする努力はすべきですし、”インフルエンサー”であればその努力をより大きくしてほしいのです。
ましてや、自分の利益のために意図的に”炎上”起こすために、言葉足らずで断定的な物言いで、立場の異なる人を切り捨てたり、対立を煽るというのは良いことではありません。
これがぼくの意見です。

しかしさらに、少しだけ違う考えも言っておきます。
今回のはあちゅうさんの発言はTwitterという140字という字数が限られた場でのこととも考えられます。
それも含め、目に触れてしまう小さな問題や考え方の違う人たちが見えすぎてしまう現代ネット社会だから、断定的な物言いも致し方ないとも思います。
僕は「マイノリティにも目を向けてほしい」と言いましたが、ネットでそれをするとマイノリティの存在が見えすぎてしまいます。その状況で目を向けようとしても際限がなくなってしまうので、そのようにせざるを得ないということです。

そしてこれは現代的な決断主義的な振る舞いだとも言えます。
ですが、自ら”インフルエンサー”を名乗る、つまり影響力が大きいことを自分で認めているのならば、時代の流れや社会状況にも負けず、諦めないでなんとかできるだけ多くの人に伝わるような言葉を作り上げて発言してほしいなと思うのです。

「言葉を『作り上げる』」。これができるのが正に「クリエイター(創造者)」だとぼくは思います。

”インフルエンサー”にはそこを目指していってほしいですし、ぼくもそこを目指していきます。
インフルエンサーになりたいわけではありませんが(笑)

ちなみに「決断主義的」については以下の記事でも少し触れました。

それでは今回はここまでです。

ではまた。